スマホの補償サービスに入っていても、実は掛かる修理代

 

スマホの新規契約や機種変更の時に、担当の方に薦められるので、なんとなく入る、この「携帯補償サービス」

いざ、スマホの液晶画面のガラスが割れてしまった!という時に、
「でも、こんな時の為に、携帯会社で月額何百円も払って携帯補償サービスに入ってるし」・・・
ということで、いざ補償サービスを使って修理をしようとすると、

そこには「免責金額」というものが掛かることが多いです。

毎月、補償サービスの料金のお金を払っているのに、更にそんなにお金とられんの?というのが正直な気持ちですね。

 

iPhoneで「AppleCare+」に加入している場合の画面の修理代3,400円(税抜)未加入の場合、最新機種は3万円超

 

 

 

いざ修理することになったら、凄く面倒

 

ショップに持ち込んで修理する場合

修理をするには、販売店では対応してくれないので、
各携帯会社のキャリアショップに持ち込む必要があります。
iPhoneは、キャリアショップでも対応が出来ないので、公式のアップルショップもしくは、
iPhoneの修理を行っているショップに持ち込む必要があります。

 

配送修理の場合

近くにキャリアショップなどが無い場合、お店が空いている時間帯に修理にいけない、という時は、配送での修理になります。
流れとしては、まず配送修理の申し込みを行い、代替え機が届いたら修理するスマホを送り、
修理が完了したスマホが届いたら、代替え機を変換、という流れ
になります。
代替え機も同じように使えるように最低限の設定も必要になるし、 想像するだけで面倒ですね。

 

 

 

比類ない第5世代のガラスコーティング

 

ガラスコーティング剤として求められる「耐久性・防汚性・施工性・光沢美観・メンテナンス性」を追求し、
原料・製造の技術革新や改良を重ね、比類ない第5世代として、日本初上陸。

 

 

 

 


ナノ粒子がガラス表面の細かな穴(細孔)に入り込み
高い密着性で衝撃に強いガラス被膜を形成します

 

コーティング未施工の液晶画面の強化ガラス面は、
目に見えない細かな穴(細孔)がある

スマホやタブレットなどの液晶画面は、一見平らに見えますが、
触ってもわからないレベルですが、
電子顕微鏡で拡大してみると、目に見えない細かな穴(細孔)があります。

 

 

 

透過電子顕微鏡 (TEM)にて施工後のiPhoneガラス表面・断面を撮影細胞のように均質なサイズで整列し、
石垣状態にコーティング層が形成されています。
また、硬いシリカの細胞の周りを、ナノ分子が網状に相互を引きつけ密着させていることが確認された。
結合・連結することにより、ガラス表面への衝撃を石垣状の縦横の隙間に分散し、高い強度を保つ構造となっている。

 

 

 


9H+硬度で、ハンマーやレンチで叩いても割れにくい
カッターで切っても傷が入りにくい強度になります!

※絶対に割れない、傷がはいらない、というわけではありません
※施工後、9H硬度以上に完全効硬化するまで2週間ほどかかります。

 

9H硬度って、どれぐらい硬いの?

2つの違う石をこすり合わせて、どちらに傷がつくかで石の硬さを判断する、という硬度。
それを「モース硬度」といいます。

 

もっとも硬い基準を「10」とし、もっとも柔らかいものを「1」という数値で表し、地球上でもっとも硬い鉱物はダイヤモンドで10H、
シェルコーティングBONDは、そのダイヤモンドに近い、9H+の硬さを誇ります。

 

 

 

 

いてご体感ください!

サンプルのスマホをご用意していますので、是非お試しください。
スパナで叩いてみたり、画面の輝き・指触りのツルツル感もご体感ください。

 

 

 


スマホコーティングで電磁波を約80%カット!!

 

スマホコーティング前は、電磁波測定器の値は、高感度でも通常感度でも最大値(5mG以上)を表示。

スマホコーティング後の測定器の値は、若干感知する程度、最大でも高感度で1mG以内で、約80%カットしています。

 

 

高い光沢(発色)性で驚きの透明感
目を疲れさせるブルーライトも50%カットします

ガラス被膜が本体塗装表面の微細な凹凸を埋め、光の乱反射を抑えることにより、高い透明性・光沢を実現します。
スマホやタブレットだと、フィルムを貼ったような不自然さがないので、 フィルムに抵抗がある方、裸スマホ派の方にも、自然な仕上がりに好評をいただいています。
また、フィルムと比べても指通りがツルツルなめらかなので、タッチスクリーンでのストレスはありません。

 

 

目の疲れの原因となる、「ブルーライト」を約50%低減する効果もあります。
スマホを長時間触ることが多い場合でも、疲れにくくなります。

 

 

 


より自然な仕上がり感とガラスの艶感
極薄層でタッチスクリーンの触り心地は良好

 

浸透性コーティングが表面の小さな穴(細孔)などの隙間を埋めていくので画面の透明度が上がります。
また、フィルムを貼ったような不自然さがないので、フィルムに抵抗がある方にも自然な仕上がりに好評をいただいています。

 

また、フィルムと比べても指通りがツルツルなめらかなので、タッチスクリーンでのストレスはありません。

 

 

 


フィルムによる、くもりや気泡ストレスがない

 

自分でフィルムを貼ったことがある人は、結構苦手意識ある方の多いのが、フィルムを貼る際の気泡ストレスですね。
スマホコーティングは、フィルムを貼るのではなく、液体コーティングで非常に硬いガラス層を作ります。
経年経ってのくもりなどなく、見た目も自然でキレイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ち時間にお得なメニュー

待ち時間にデジカメプリントはいかがですか?
シェルコーティングBOND福岡筑紫野店は、写真スタジオ遊写館内にあります。
BONDサービスメニューを同時ご依頼時、デジカメプリント料金がオトクになります!

 

写真スタジオ遊写館のデジカメプリント 待ち時間にスマホコーティングでお得

 

 

各種キャッシュレス決済対応しております

 

各種クレジットカード、電子マネー、交通系電子マネー、QR決済に対応しております。

 

 

BOND福岡筑紫野店からのお知らせ

 

 

 

 

 

お問合せ

 

電話でのお問合せ|050-6874-6167  LINEでのお問合せ  メールからのお問合せ

 

 

 

ページのトップへ戻る